「革新の極意 ~古田織部 400年の時を超えて~」

google

桃山時代の大名であり茶人であった古田織部(1544~1615)。
たぐいまれなる美意識によって生まれた「織部焼」は、形、色、紋様すべてが革新的。今も斬新な輝きを放ち続ける。

わび茶を確立した千利休の高弟でありながら、織部が目指したのは決まり事を覆す破格のおもしろさ。作為的でひょうげた味は、利休亡きあとの茶道の潮流となっていく。「ゆがみ」や「ひび」、茶器として、本来なら致命的な欠陥までも美と捉え、革新的な焼き物を生み出した。
美の追求は、海を渡り韓国にまで及んだ可能性がある。プサン(釜山)の金海窯で焼かれたとされる幻の名品「御所丸茶碗 銘 古田高麗」。織部好みの中でも、希少かつ異端中の異端とされる。
家康の命により切腹という悲業の死を遂げてから400年。奔放に、斬新奇抜の限りを尽くした希代のアーティスト。古田織部の神髄に迫る。
出演
林屋晴三さん(茶道家、陶芸研究家)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする