日曜美術館

「東の魯山人 西の半泥子」。昭和初期、当時絶頂にあった北大路魯山人と並び称された、川喜田半泥子(かわきた・はんでいし/1878-1963)。近代陶芸の父とも評され、3万とも5万とも言われる作品を残しながら、生涯売ることはなかった男。彼 ...