日曜美術館

安土桃山時代を代表作とする天才絵師・狩野永徳(1543-1590)。最晩年の傑作とされる「国宝・檜図屏風(ひのきずびょうぶ)」は、東京国立博物館の数ある名品の中でも一二を争う人気作品だ。経年による汚れで画面はくすみ、紙に亀裂が入ったり ...