「仏像をよみがえらせた男・新納忠之介」

google

仏像修理に生涯をかけた男、新納(にいろ)忠之介(明治元年~昭和29年)。
手がけた仏像は、2千体以上。法隆寺の百済観音像をはじめ、東大寺・不空羂索観音像など、そのほとんどが国宝や重文である。師匠の岡倉天心の「職人になるな、研究者であれ」という言葉を忠実に実践。修理箇所や修理方法を詳細に記述し、膨大な写真も残した。そうした資料や、晩年の回想録を元に、日本を代表する仏像たちの修理の実際を紹介。仏像たちの輝きを伝えるために、地道な努力を積み重ねた、新納忠之介の生涯を描く。
出演 西川杏太郎さん(美術院国宝修理所理事長)
藤本靑一さん(美術院国宝修理所所長)
鈴木喜博さん(奈良国立博物館名誉館員) 今井耕龍

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする