「ピーター・ドラッカー 日本美術へのラブレター」

google

経営学の父、ピーター・ドラッカー(1909-2005)は、長年にわたる日本美術の熱烈なファンでありコレクターだった。半世紀にわたって集めた日本美術コレクションは二百点あまり、その大部分が、室町時代の山水画や江戸時代の禅画、文人画などの水墨画である。ドラッカーは70歳の頃、『日本美術へのラブレター』という評論を著した。「私は日本美術と恋に陥ってしまった」という告白で始まり、「日本美術を恋する者には尽きない喜びがある」と終わるドラッカーの『日本美術へのラブレター』。そこには、日本美術が自分の人生にいかに大切なものだったか、という個人的体験とともに、日本美術が世界的に見ていかに優れたものか、という独創的見解がつづられている。
番組では、ドラッカーのコレクションを『ラブレター』の朗読とともに紹介、作品収集の裏にあるドラッカーの日本美術にまつわる人生と思想を明らかにする。

出演 河合正朝さん(千葉市美術館館長)
セシリー・ドラッカーさん(ピーター・ドラッカー 次女)
藪本俊一さん(古美術商)

http://trendtube.wdeco.jp/playlist/?query=%E6%97%A5%E6%9B%9C%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする