特別アンコール「私と八木一夫 司馬遼太郎」

ことし、放送開始から40年目を迎えた日曜美術館。それを記念して懐かしい番組を特別アンコールでお届けします。春に放送し好評をいただいた「アトリエ訪問 岡本太郎」、「私と鳥獣戯画 手塚治虫」に続き、司馬遼太郎さんが、陶芸の異才・八木一夫の世界を語った、貴重なインタビューです。

番組が放送されたのは、1981年2月2日。日曜美術館は、当初、「私と○○」と題し、美術以外のジャンルで活躍されている方が、独自の目線で、心引かれる芸術家の世界をじっくり語るというスタイルを中心にスタートしました。今回お届けする番組は、その中から厳選した珠玉のインタビューです。

八木一夫(1918-1979)は、伝統ある京都五条坂の陶芸家の長男に生まれながら、従来の焼き物の常識を覆す全く新しい造形世界を作りあげました。番組では、八木が亡くなって2年後、深い親交のあった司馬さんが、作品の魅力や、人物像をじっくりと語りました。
出演 司馬遼太郎

コメント