「謎の田園画家のメッセージ~久隅守景~」

google

親子が夕涼みにくつろいでいる。庶民のささやかな幸せの情景を描いた不朽の名作、国宝『納涼図屏風(びょうぶ)』。作者は、生没年も住んだ場所もはっきりしない謎の絵師、久隅守景。わかっているのは、幕府の御用絵師、狩野探幽の一番弟子だったが、何らかの理由で狩野派から離れ、加賀に滞在したらしいということぐらい。久隅は、江戸の農村風俗をふんだんに盛り込んだ『四季耕作図屏風』を数多く残しているのをはじめ、『鷹狩図屏風』や『賀茂競馬・宇治茶摘図屏風』など農村風俗を多く描き、“田園画家”と呼ばれる。番組では、代表作を、ディテールに踏み込んだおもしろい語りで紹介するとともに、研究者たちの新たな読み解きをたどり、謎の田園画家、久隅守景の人物像と絵にこめたメッセージを探る。

【出演】岡崎市美術博物館館長…榊原悟,【出演】石川県立美術館学芸第一課担当課長…村瀬博春,【出演】東海大学文学部非常勤講師…久野幸子,【出演】法政大学教授…根崎光男,【司会】井浦新,伊東敏恵

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする