2016-01

日曜美術館

世界で闘う日本美とは 村上隆×井浦新

全長100メートルの超巨大絵画が出現!カラフルな画面にずらりと並ぶ500人の僧。龍が身をうねらせ、謎めいた動物たちが舞い踊る。 今、世界で最も知られる日本人アーティストの一人、村上隆(1962~)。空前の大作「五百羅漢図」に込めた...
日曜美術館

「分かたれた故郷 妻へ ―画家イ・ジュンソプとマサコ」

韓国の国民的画家イ・ジュンソプ(1916~1956)。20世紀前半を生きたジュンソプは、戦争や貧困に直面しながら、朝鮮民族の象徴とも言われる牛や、家族への愛を描きました。ジュンソプが心の支えとしたのが妻の山本方子(やまもと・まさこ)さん、現...
日曜美術館

「藩を救った名画~“夷酋列像”蠣崎波響(かきざきはきょう)~」

江戸時代、圧倒的な写生の力で人気を誇った、京の都の絵師・円山応挙。その応挙に師事したのが、北海道・松前出身の蠣崎波響(かきざきはきょう)である。 “松前応挙”とも称された波響は、本職は絵師ではなく、松前藩の家老にまでなった武士だった。波響...
日曜美術館

「夢の江戸美人画 傑作10選」

日本が世界に誇る美、浮世絵。江戸時代に花開いた浮世絵の中でも、多くの絵師たちが腕を競ったのが美人画だといわれる。庶民の好みを色濃く反映した美人画は、時代の変化とともにどんどん変わっていった。だからこそ個性あふれる傑作が次々に登場した。その楽...
日曜美術館

特別編「巡る、触れる、感じる 井浦新“にっぽん”美の旅2」

日曜美術館の司会となって3年になる井浦新。日本美術への熱い思いは、勢いを増すばかり!そんな井浦が、“にっぽん”の美を巡り、触れて、感じる一人旅、90分の特別編をお届けします。体感するのは、日本の美に隠された自由奔放なエネルギー。南へ北へ。果...