「夢の江戸美人画 傑作10選」

google

日本が世界に誇る美、浮世絵。江戸時代に花開いた浮世絵の中でも、多くの絵師たちが腕を競ったのが美人画だといわれる。庶民の好みを色濃く反映した美人画は、時代の変化とともにどんどん変わっていった。だからこそ個性あふれる傑作が次々に登場した。その楽しみ方を10作品とともにお届けする。

美人画といえば、まずはこの人、喜多川歌麿。江戸中期に活躍した歌麿は、目・鼻・口、顔のつくりに心血を注いだ。顔のパーツの絶妙な配置とバランスで、複雑な女心まで表した傑作「歌撰恋之部 物思恋」などを見ていく。
女優の森口瑤子さんは、美人の視線に注目する。菱川師宣の「見返り美人図」や鈴木春信の「雪中相合傘」。その視線を追うと見えてくる、秘められたドラマを浮き彫りにする。
そして時代の気分を映し出した傑作が現れる。勝川春章が描いたユートピアのような「美人鑑賞図」や歌川国貞の「星の霜当世風俗 蚊やき」・・・。江戸の歴史に詳しい磯田道史さんが大胆な読み解きで、驚きの魅力を解き明かす。
さらには、世界の北斎の美人画も。肉筆画「美人愛猫図」の謎めいた美女の物語を井浦新さんが探偵のように推理。さらに北斎の三女・応為が描いた知られざる傑作も登場する。

【出演】イッセー尾形,森口瑤子,美術史家、前板橋区立美術館 館長…安村敏信,ポーラ文化研究所・主任研究員…村田孝子,慶応義塾大学文学部教授…内藤正人,静岡文化芸術大学教授…磯田道史,【司会】井浦新,伊東敏恵

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする