「幻の光 救いの闇 カラヴァッジョ 世界初公開の傑作」

google

それは闇に溶けそうな聖女マグダラのマリアの姿。16世紀末のローマで光と闇が交錯するドラマチックな作品で人気を博したカラヴァッジョが、殺人直後に描いた1枚。これまで殺人がきっかけで絵の闇が深くなったと言われてきた。しかし、近年の研究では、画家が生まれ育った北イタリアでの体験が関わっていたことが明らかに。それは何か?画家にとって闇は救いだった?!初公開の傑作から、新たなカラヴァッジョ像が見えてきた!

【出演】写真家…アミタマリ,【出演】国立西洋美術館学芸課研究員…川瀬佑介,【出演】神戸大学教授…宮下規久朗,【出演】成城大学教授…石鍋真澄,【出演】作家・編集者…松岡正剛,【出演】美術史家…ロッセラ・ヴォドレ,ミーナ・グレゴーリ,ジャコモ・ベッラ,井浦新,伊東敏恵

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする