「埃(ほこり)まで描いた男~不思議な画家・モランディ~」

google

故郷の街イタリア・ボローニャの一角で、生涯静かに絵を描いて過ごしたモランディ。お気に入りの瓶や缶を並べ替え、色や構図を変えながら、降り積もる埃(ほこり)まで描いた。その作品は、世界中にファンを持ち、ホワイトハウスにもオバマ大統領が選んだ絵が飾られているという。一見何の変哲もないその絵が人々を魅了するのはなぜ?現代美術作家・杉本博司さんなど、モランディを愛する人々が様々な角度から魅力を語り尽くす。

【出演】現代美術家…杉本博司,【出演】画家…入江観,【出演】美術評論家…原田光,【司会】井浦新,伊東敏恵

攻めまくる静物画家モランディを学芸員・成相肇が語るhttp://bitecho.me/2016/03/30_865.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする