「井浦新 円空への旅」

動画

江戸時代に全国を歩き、12万体とも言われる仏像を彫って庶民に与えた円空。円空仏と呼ばれるその仏像は、常識からかけ離れた荒々しい姿でありながら、穏やかなほほ笑みをたたえている。円空はどんな思いを込めたのか? なぜ膨大な数を彫ったのか?番組司会の井浦新は、20代で円空仏と出会って以来、強くひかれてきた。今回、井浦が円空の秘密を探る旅に出る。北海道、伊勢志摩、山形へ。そこで見つけたものとは…?!

【出演】円空学会顧問…長谷川公茂,善光寺福住職(北海道伊達市)…木立真理,見政寺住職(山形県庄内町)…石田秀弌,【出演】井浦新,【語り】伊東敏恵

http://newskei.com/?p=35669

日曜美術館「井浦新 円空への旅」 - チャンスはピンチだ。
美の旅って、体力が必要だと思うんです。作家は命を削ってその作品をつくるじゃないですか。結果、受け取る側も作品を通じて、つくっている人の命を感じることになる。念のこもった作品をきちんと受け取るためには、体力や精神力を整えて臨まないといけない。外に出てそれがあるべき場所を訪ねるとなればなおさらです。 日曜美術館「井浦新 円...

コメント