「匠(たくみ)の技 未来の美~第63回日本伝統工芸展~」

google

伝統の技と斬新な感性で作品を生み出す匠(たくみ)たちが美の最高峰を競い合った「日本伝統工芸展」。受賞作の全てを一挙に紹介。未来まで見つめる傑作の数々を堪能する!

木の特性を熟知し、家具作りで鍛えた技で究極の曲面を生んだ丸山浩明。寄せ木細工を70年手がけてきた本間昇は、江戸時代の作品を復元する中で学んだ技を駆使して斬新な作品を完成させた。陶芸の加藤清和は、釉薬の流れも色も計算しつくして華やかな器を作り出し、松本三千子は、恐ろしいほどデリケートな省胎七宝で繊細美の極致を誕生させた。司会の井浦新と伊東敏恵が創作の現場を訪ね、伝統の技が未来の美を生む秘密に迫る。

【出演】寄せ木細工職人…本間昇,【出演】木工職人…丸山浩明,【出演】七宝作家…松本三千子,【出演】陶芸作家…加藤清和,【司会】井浦新,伊東敏恵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする