「深奥へ 速水御舟(ぎょしゅう)の挑戦」

google

日本の文化や暮らしに西洋化の波が押し寄せ、美術でも油絵が注目を集めた大正から昭和にかけて、御舟はスタイルを変えながら、新たな時代の日本画を模索し続けた。そんな御舟には、生涯追い求めたテーマがあった。絵の中に独特の“奥行き”を生み出し、命の輝きとはかなさを表そうとしたのだ。代表作「炎舞」、ひとつの到達点「名樹散椿」で、御舟が作り出した奥行きの技法を解明、そこに心血を注いだ思いを探っていく。

【ゲスト】現代美術家…森村泰昌,【出演】日本画家…宮廻正明,山種美術館館長…山崎妙子,蒔絵師…松田祥幹,日本画家…並木秀俊,日本画家…永岡郁美,【司会】井浦新,伊東敏恵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする