「謎のヌード クラーナハの誘惑」

google

201616世紀、謎めいたヌードを描き続けたルカス・クラーナハ(1472~1553)。500年たった今も、見る者たちを“誘惑する”その絵の魅力をひもといていく。

闇の中、白い肌を輝かせるヴィーナス。描いたのはルカス・クラーナハ(1472~1553)。宗教改革の嵐が吹き荒れるドイツで数々のヌードを描き、大人気を誇った。イタリア・ルネサンスとは大きくかけ離れ、独自のデフォルメを施したクラーナハのヌード。画家・塩谷亮がそのデフォルメを徹底分析。MCの井浦新と伊東敏恵はゲストのドイツ文学者で作家の中野京子とクラーナハの世界を堪能していく。

【ゲスト】ドイツ文学者…中野京子,【出演】美術家…森村泰昌,国立西洋美術館 研究員…新藤淳,画家…塩谷亮,【司会】井浦新,伊東敏恵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする