「利休の志を受け継ぐ 樂家450年 茶碗(わん)の宇宙」

google

千利休の志、侘(わ)び茶の思想を形にした樂茶碗。初代・長次郎から樂家が十五代450年にわたり、ひとりの男だけに作ることを託してきた不思議な茶碗の宇宙を堪能する。

450年続く樂家歴代の茶碗の宇宙を堪能する。初代長次郎によって始まった樂茶碗はロクロを使わず、手づくねという独特の技によって作られる。利休の依頼で誕生した茶碗は派手さをよしとした桃山時代、時の権力者・秀吉に挑むように突きつけた侘び茶の志を形にしたものだった。十五代・吉左衞門は「長次郎の茶碗の静けさの中に、激しさを感じる」という。その精神性が今また、一子相伝によって次の世代へ伝えられようとしている

【ゲスト】陶芸家…樂吉左衞門,【ゲスト】美術家…鴻池朋子,【ゲスト】陶芸家…樂篤人,【司会】井浦新,伊東敏恵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする