「幻の青磁 千年の謎」

google

世界に九十点ほどしか現存しない青磁「汝窯(じょよう)」。千年ほど前の中国北宋に奇跡的に出現した汝窯の独特の色合い「天青色」に心奪われた皇帝や陶芸家の物語

中国北宋時代、芸術文化の黄金時代を造り上げた皇帝・徽宗が造らせた最高の青磁「汝窯(じょよう)」。北宋の滅亡と共に僅か30年で姿を消しました。世界中に現存するのは僅か九十点あまり。天青色という独特な青い色合いと、しっとりとした質感を再現しようと、後の清朝皇帝も再現を試みますが果たせませんでした。釉薬の配合、窯で焼く温度の設定、冷却時間など、わからないことだらけの汝窯の再現に今また、日本人が挑みます。

【ゲスト】現代美術作家…杉本博司,【ゲスト】大阪市立東洋陶磁美術館館長…出川哲朗,【司会】井浦新,伊東敏恵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする