「ティツィアーノ ヴェネツィア 欲望の色彩」

google

ティツィアーノの手による傑作絵画「フローラ」が来日中。モデルが実在しないこの美人画はなぜ人気を保ち続けるのか?その秘密に各界の第一人者が迫る。

CGアーティストや、肖像写真の名手による分析の結果、ティツィアーノはそれまでになかった方法で絵画にリアリティーを与えていた事がわかってきた。それは、人間の認識や、内面性に対する深い洞察が元になっていると思われるのだ。さらに、当時衝撃を持って迎えられた裸体画。エロスを追求したかに見える作品にティツィアーノが込めたメッセージとは?アンドロイド研究の第一人者、石黒浩さんとともに、名画の深部へと踏み込む。

【ゲスト】大阪大学教授(知能機能創成工学)…石黒浩,東京都美術館学芸員…小林明子,CGアーティスト…TELYUKA,写真家…坂田栄一郎,【司会】井浦新,伊東敏恵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする