「人のやらないことをやる!~版画家・一原有徳の挑戦~」

google

北海道小樽市で創作を続けた一原。珍しいモノタイプと言う版画の技法を追求し、やがて世界的に知られる存在となる。この時すでに50歳。ここから怒濤の創作が始まった。

一原は創作にあたって、作品に何らかのイメージを込める事を極度に嫌った。それは、既存の意味や表現の模倣になりかねないと思ったからだ。誰も見た事が無いような作品を追い求める一原。そのために、石の版から、金属の版へ。ヘラを使った創作から、薬剤を使い版を腐食させる実験へ。常に新しい技法を追い続ける事で自らの理想へと突き進む。果たして、イメージを完全に排除した作品は可能なのか?一原の生涯をかけた実験を追う。

【出演】茂木健一郎,世田谷区美術館長…酒井忠康,【司会】井浦新,高橋美鈴
#一原有徳 – Instagram(インスタグラム)の画像・動画
小樽市 :市立小樽美術館 一原有徳記念ホール

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする