「青いケシを描く~洋画家・入江一子 101歳のアトリエ~」

google

101歳の洋画家・入江一子さん。描いては眠り、目覚めては描く日々を送る。シルクロードの各地を旅して生み出した代表作を交えながら、新作に挑む入江さんに密着する。

入江一子さんは50歳を過ぎてからシルクロード30か国以上を旅し、風景や人びとを描いてきた。そのバイタリティは101歳のいまも健在。「だんだん絵がわかってきて面白くて、もう命がけで描いている」と語る。東京都杉並区のアトリエで新作「青いケシ」に挑戦する入江さんの日々に密着。さらに、シルクロードの傑作「トルファンの祭りの日」「敦煌飛天」などの魅力をひもときながら、波乱の人生と絵にかける情熱を見つめる。

【ゲスト】洋画家…入江一子,【出演】ノーベル賞受賞者、女子美術大学名誉理事長…大村智,美術評論家、多摩美術大学教授…本江邦夫,作家…有吉玉青,【司会】井浦新,高橋美鈴

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする