「肖像画に秘められた思い~宮廷の画家 アルチンボルド~」

google

細部を見ると華麗な花々と思いきや遠目には肖像画。16世紀のイタリアの宮廷画家・アルチンボルドが不思議な絵に込めた思いとは?その真意に多分野の人たちが迫る!

細部では華麗な花々や四季折々の野菜やフルーツを描いた絵。しかし遠目に見ると人間の顔。そんな不思議な世界を描いたアルチンボルド。16世紀のイタリアに生まれ、ウィーンとプラハのハプスブルグ家の宮廷画家として活躍しました。その絵には皇帝を喜ばすある思いが秘められていたと言います。不思議な肖像画の背景には何があるのか?その謎に第一線で活躍する多分野の人たちが迫り、真意を探ります。

【ゲスト】立川志らく,大阪大学准教授…桑木野幸司,【出演】アートディレクター…佐藤可士和,インフィオラータ・マエストロ…藤川靖彦,【司会】井浦新,高橋美鈴

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする