「みなが見てこそ芸術 川端龍子」

google

「会場芸術」を掲げ、大胆でスケール感あふれる作品を描き続けた川端龍子。不可思議な戦争画やニュース性に富んだ作品を描き出した、その想像力の源を探ります。

大正から昭和にかけて、既存の日本画に独特な表現で挑戦し続けた画家・川端龍子。みんなに見てもらえるものを、と巨大な画面いっぱいに自由奔放な躍動感あふれる作品世界を作り出していきました。戦争中も創作欲は衰えず、透き通った胴体の戦闘機を描いた「香炉峰」を発表、さらに終戦間際に家族と家を失いながら、その哀しみを作品に仕上げ、戦後も長らく作品を発表し続けます。その原動力とは何だったのか、見ていきます。

【ゲスト】現代美術家…会田誠,【出演】明治学院大学教授…山下裕二,龍子記念館学芸員…木村拓也,日本画家…並木秀俊,高頭信子,川端龍子 子孫…川端美波,【司会】井浦新,高橋美鈴

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする