「HOKUSAIの衝撃~ジャポニスム~」

19世紀後半に西洋で起きたジャポニスム。特に葛飾北斎は多くの芸術家たちに影響を与えた。モネ、ドガ、ガレなどの作品を中心に北斎作品と対比しながらその影響を探る。

19世紀後半に日本美術からヒントを得て西洋の芸術家たちが創り上げた新しい創作活動、ジャポニスム。そのジャポニスムを強力に、けん引したのが葛飾北斎。特に『北斎漫画』、『冨嶽三十六景』、『富嶽百景』は、多くの芸術家たちに影響を与えた。番組では、北斎が西洋美術に一体どのような影響を与えたのか、具体的にモネ、ドガ、ガレなどの作品を中心に、北斎作品と対比しながら探っていく。

【出演】国立西洋美術館館長…馬渕明子,オーストリア応用美術館学芸員…ヨハネス・ヴィーニンガー,サントリー美術館学芸副部長…土田ルリ子,横浜美術館主席学芸員…沼田英子,【司会】井浦新,高橋美鈴

コメント