「桜の画家 中島千波 人間群像を描く」

google

f:id:tanazashi:20171229233710p:plain

日本画壇を代表する中島千波(72歳)。日本各地の桜を描く一方、人間とは何かをテーマに40年以上制作してきた。新シリーズの創作の現場に密着、思いを探る。

中島さんが今取り組んでいるテーマは「無明」。仏教の言葉で人間のさまざまな煩悩を引き起こす迷いのこと。人間追求は若い頃のある思いから脈々と息づいてきた。その創作の秘密とは?そして桜を描くこととの関係は?生まれ故郷の長野県小布施町にある彼のミュージアムも訪問。華やかな桜の作品もたっぷり紹介しながら画家・中島千波の一つの作品ができあがるまでの半年間を克明に描く。

【ゲスト】日本画家…中島千波,【司会】井浦新,高橋美鈴

日曜美術館「桜の画家 中島千波 人間群像を描く」 – チャンスはピンチだ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする