「漂泊の天才画家 池大雅」

google

f:id:tanazashi:20180429173243p:plain

江戸時代の画家・池大雅。幼いころ神童と言われ、日本中を旅する中で西洋の技法を身につけ、指で描く特技もあった。川端康成などの文豪も愛した天才・大雅の魅力に迫る。

f:id:tanazashi:20180429173307p:plain

伊藤若冲、円山応挙など個性きらめく画家たちが活躍した江戸時代中期に中国の山水画を手本に独自の画風を切り開いた池大雅。成長のきっかけとなったのが旅。その中で西洋絵画を見る機会があり、それを自分の表現に取り込んだ。その技法とは?また大雅が即興で指や爪を使って描いたという指墨画。番組では今回、指墨画の再現に挑戦し、その類いまれな技が明らかになった。晩年の悠々自適な暮らしを描いた国宝の傑作も紹介する。

【ゲスト】東京大学教授(日本美術史)…佐藤康宏,書家…紫舟,【司会】小野正嗣,高橋美鈴

日曜美術館「漂泊の天才画家 池大雅」 – チャンスはピンチだ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする