日曜美術館

日本的美意識の結晶、茶の湯。江戸時代後期、そんな茶の湯の名品を集め、記録にも残した松江藩主の松平不昧。茶の湯で地場産業も育成し、名君といわれた不昧の実像に迫る。

幼い頃から茶の湯に親しんだ不昧。その大成者・千利休を尊敬し、 ...

日曜美術館

明治の東京の姿をリアルに描き出した、知られざる明治東京名所絵のシリーズがある。現在の東京風景との比較しながら、井上安治が描いた「東京の原風景」に思いをはせる。

明治10年代の東京の姿をリアルに描き出した、知られざる明治東京 ...

日曜美術館

日本画の巨匠、横山大観。しかし創作における大観は、時にぶっ飛んだ表現や、革新的な技法で人々を驚かせる画家でもあった。それは個性となって画壇の頂点へと駆け上がる!

「音」を描き、「湿度」を描く。それはどのようにして実現された ...