「生々流転~横山大観が目指したもの~」

google

f:id:tanazashi:20180430232503p:plain

日本画の巨匠、横山大観。しかし創作における大観は、時にぶっ飛んだ表現や、革新的な技法で人々を驚かせる画家でもあった。それは個性となって画壇の頂点へと駆け上がる!

「音」を描き、「湿度」を描く。それはどのようにして実現されたのか?日本最大級の絵巻「生々流転」を見ながら、技法の再現を通して大観の秘密に迫る。幻の名画とされた「白衣観音」や「彗星」に見る大観の革新性とは?後年、国威発揚に奔走することになる大観。そこに込められた思いとは。明治、大正、昭和と激動の時代を生きた大観の姿を、作家の高橋源一郎さんと読み解いていく。

【出演】作家/明治学院大学 教授…高橋源一郎,東京国立近代美術館 主任研究員…鶴見香織,【司会】小野正嗣,高橋美鈴

日曜美術館「生々流転~横山大観が目指したもの~」 – チャンスはピンチだ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする