「外国人を魅了する日本の美術館」

日曜美術館

f:id:tanazashi:20180610195434p:plain

今回は1時間の拡大版!年々増える外国人観光客。その中でブームになっているのが日本の美術館。日本人が気づかないような魅力をフランス人美術史家の視点からひもとく。

美術史家・ソフィー・リチャードさんは13年前に来日。以来日本の美術館に魅せられ全国を回り、ガイドを本にまとめた。「見学に何日もかかる欧米の大美術館と違い、日本の美術館は散策で訪れるにはサイズが手ごろ、建物や庭園にも味があり癒やされる。また地域の美術館にはその土地の風土や文化が詰まっている」と言う。彼女と日本各地の美術館に同行し日本絵画、茶の湯の陶器、現代アートなどさまざまなジャンルの美術館を味わう

【司会】小野正嗣,高橋美鈴,【ゲスト】美術史家…ソフィー・リチャード,国文学研究資料館長…ロバート キャンベル,パンツェッタ・ジローラモ

日曜美術館「外国人を魅了する日本の美術館」 – チャンスはピンチだ。

コメント