2018-07

日曜美術館

「奄美の森に抱かれて~日本画家 田中一村~」

今年生誕110年を迎えた日本画家・田中一村。50歳のとき奄美大島の自然に魅せられて移り住み、その風土を鮮やかに描き出した。そんな田中一村の画業の足跡をたどる。 明治41年に生まれた田中一村は、彫刻家だった父親の手ほどきで絵を学び、8...
日曜美術館

「縄文 “美”の発見」

縄目の模様の縄文土器や人をかたどった土偶。そうした縄文時代の“美”が今、注目されている。縄文をテーマにした映画や本も出版され、国宝にも認められたその魅力を探る。 この夏、東京国立博物館には縄文時代の国宝6件すべてが集結する。もともと...
日曜美術館

「ミケランジェロ “人間”のすべてを彫る」

彫刻家にして、絵画や建築でも偉業を成し遂げたルネサンスの巨匠・ミケランジェロ。その芸術の真髄ともいえる彫刻に焦点を当て、ミケランジェロが追い求めたものを探る。 青年期のミケランジェロは、古代彫刻を手本としながら、解剖で得た知識を生か...
日曜美術館

「よみがえった国宝・名古屋城本丸御殿」

今年6月復元工事が完成した名古屋城本丸御殿。復元工事の様子や障壁画の復元模写の作業を織り込み、400年前の姿がよみがえった本丸御殿の魅力をあますところなく紹介。 今から400年前の1615年に建てられた名古屋城本丸御殿。1930年に...
日曜美術館

「熱烈! 傑作ダンギ アンリ・ルソー」

傑作という作品を基にその芸術家の魅力を熱く語り合う「傑作ダンギ」。今回は日曜画家としてスタートし、独自な画風で不思議な作品を描いたアンリ・ルソーに焦点を当てる。 19世紀末にパリの税関で働きながら独学で絵を描き始めたアンリ・ルソー。...