「“夢のようなあまさ” をこえて」

2018年12月14日

みんなに愛されるいわさきちひろ。今夢中になってる小さい人も、大切な思い出になっている大人も、誰もが心の中にしまっている、愛にあふれた絵はどのように生まれたの?

みんなが知ってるいわさきちひろの作品は、画家になってだいぶたってからのものでした。満州でつらい経験をし、戦後は働きながら絵を描き、子育てしながら、少しずつあの画風に迫っていったのです。淡くにじんだ水彩絵の具でちひろが伝えたかったことは?そしてその絵に感動した人たちは何を感じたのか?黒柳徹子さんが語る思い出。ちばてつやさんが学んだこと。高畑勲さんが語った、ちひろの絵にこめられたメッセージとは?

【ゲスト】漫画家…ちばてつや,東京ステーションギャラリー学芸員…成相肇,黒柳徹子,絵本作家…松本春野,【司会】小野正嗣,高橋美鈴

番組