「大地に根ざせ!~越後妻有 里山とアートの20年~」

日曜美術館

2000年に始まり、7回目を迎えた新潟県の大地の芸術祭。日本全国はもとより、海外からも大勢の人が押し寄せている。過疎の農村に何が起きたのか?20年の変化とは?

3年に一度開催される越後妻有アートトリエンナーレ。今年は世界各地のアーティストによる、380もの作品が過疎の農村を彩っている。当初芸術祭は知名度も低く地域の人々と距離があったという。現在は、アーティストと地元とのさまざまな交流が作品に結実し、その輪はさらに広がりを見せている。20年を経て芸術祭はどのように変化してきたのか?番組は芸術祭の準備段階から密着取材し、豊かな大地に息づくアートの力を見つめた

【出演】アートディレクター…北川フラム,絵本作家…田島征三,アーティスト…磯辺行久,中谷ミチコ,【司会】小野正嗣,高橋美鈴

番組

コメント