「微笑(ほほえ)む仏~柳宗悦が見いだした木喰仏~」

日曜美術館

独特の笑みを湛えた仏像を彫った江戸時代後期の僧侶、木喰。その木喰仏を世に広めた人物が、民芸運動の創始者、柳宗悦である。柳の眼を通して木喰仏の魅力を紹介する。

“微笑仏”と呼ばれる独特の笑みを湛(たた)え、素朴で温かみのある仏像を彫った江戸時代後期の僧侶、木喰(1718~1810)。全国各地を遊行し1千体以上の仏像を彫った。長年埋もれていた木喰仏を見いだし、その魅力を世に広めた人物が民芸運動の創始者、柳宗悦である。柳は、木喰の故郷、山梨県身延町丸畑をはじめ全国各地を実地調査し、多くの木喰仏を見出した。全国に残る木喰仏の魅力を、柳宗悦の眼を通して紹介する。

【出演】全国木喰研究会評議員…小島梯次,身延町教育委員会主査…深沢広太,清源寺住職…小野崎弘顕,栃窪木喰薬師堂世話役…上野昇,宮崎民俗学会会長…前田博仁,小栗山観音堂管理人…坂詰司朗,【語り】高橋美鈴

f:id:tanazashi:20180909230429p:plain

番組

コメント