日曜美術館

戦争中、暗く静謐(ひつ)な風景画を描き続けた松本竣介。この程大川美術館の展覧会場にこしらえられたアトリエのモノを手掛かりに、松本の絵と人生を浮かび上がらせる。

戦争中、耳が聞こえないため徴兵を免れた松本竣介は、独特の雰囲気 ...