「にほん 美の地図~熊本~」

日曜美術館

日本各地のアートスポットを訪ねながら、地図を描くようにその土地に根ざす“美”を見つめ直す「にほん美の地図」。今回は熊本の3つの美術館を司会の小野正嗣が旅する。

熊本市にある島田美術館は剣豪・宮本武蔵のゆかりの品が味わえる美術館。晩年を熊本で過ごした武蔵の境地が伺える。県北部の小国町にある坂本善三美術館は、地元出身の洋画家・坂本の作品が味わえる。抽象画と故郷の知られざる関係とは?南部のつなぎ美術館は、地元ゆかりの画家もなく、コレクションも乏しい中、無から有を生み出す驚きの取り組みで注目された。その土地の文化・風土・自然・歴史を美という視点から見つめる。

【司会】小野正嗣,高橋美鈴

コメント