「京都の大宇宙 東寺」

2019年6月9日

京都・五重塔で有名な東寺。1200年続く神秘の祈り!日本で生きる全ての人と関わる“秘儀”を8Kで初めて撮影。さらに空海×生命科学で見えてくる壮大な仏の宇宙とは?

空海が最後に行った壮大な“秘儀”が、明らかに!それは「後七日御修法(ごしちにちみほ)」。高精細8Kカメラが映し出したのは、全宇宙を表す巨大な曼荼羅(まんだら)が掲げられたお堂で、僧侶が生きとし生けるものすべての幸せを全身全霊で祈る姿だった。さらに、東京国立博物館で開催中の「東寺展」を紹介。国宝の仏像ひしめく立体曼荼羅の中に入る不思議な感覚とは?空海の壮大な宇宙を生命科学の視点で見ると驚きの発見が!

【ゲスト】生命誌研究者…中村桂子,【司会】小野正嗣,柴田祐規子

日曜美術館「京都の大宇宙 東寺」 – チャンスはピンチだ。