「にほん 美の地図~山形~」

2019年6月9日

地域のアートスポットを紹介するシリーズ・にほん美の地図。今回は山形県。文明開化を告げる建築や世界的な写真家の美術館、新たな陶芸の町を司会の小野正嗣さんが訪ねる。

山形市の郷土資料館の建物は明治11年に建てられた重要文化財の擬洋風建築。病院として使用されたが、その設計の裏に隠されたある意図とは?酒田市にある土門拳記念館は世界的な写真家ゆかりの美術館。貧しさゆえ6歳のとき逃げるように酒田から上京した土門の複雑な故郷への思いを一変させた出来事とは?大石田町では、全国的にも珍しい陶器風呂の制作風景を取材。陶芸家2人がこの町に移り住んだ理由とは?小野さんが探る。

【司会】小野正嗣,柴田祐規子

「にほん 美の地図~山形~」山形市・酒田市・大石田町に美を訪ねる【日曜美術館】 – チャンスはピンチだ。