「火だるま槐多~村山槐多の絵と詩~」

2019年6月29日

自由奔放な絵を描き、22歳の若さで夭折した村山槐多。没後100年にあたる今年、展覧会開催を機に新発見の作品も相次いでいる。村山槐多の絵を詩の朗読とともに見ていく

f:id:tanazashi:20190623230401p:plain

自由奔放な絵を描き、22歳の若さで夭折(ようせつ)した村山槐多。火だるまのような色、ガランス(暗赤色)こそ槐多の絵の最大の特徴である。『自画像』や『カンナと少女』。そして赤いオーラを放ちながら裸の僧侶が小便する『尿する裸僧』。今年は槐多が亡くなって丁度(ちょうど)100年。展覧会の開催を機に新発見の作品も相次いでいる。番組では、新たな作品の紹介をまじえながら、村山槐多の絵を詩の朗読とともに見ていく

【ゲスト】美術史家…村松和明,【出演】世田谷美術館館長…酒井忠康,詩人…高橋睦郎,【司会】小野正嗣,柴田祐規子

日曜美術館「火だるま槐多~村山槐多の絵と詩~」 – チャンスはピンチだ。