「生まれゆく技と美~第66回 日本伝統工芸展~」

2019年12月29日

「日本伝統工芸展」は “伝統は生きて流れる”との指針のもと、時代の流れくんだ新しい作品を選び続けてきた。今年も揃った受賞作を美しい映像で紹介する。

戦後、消滅の危機にひんした工芸技術を保護・育成するために誕生した「日本伝統工芸展」。一方で、“伝統は生きて流れているもの”との指針を掲げ、時代の流れを読み、最先端の技術を取り入れた作品を毎年選び続けてきた。今年そろった受賞作は16点。そのすべてを美しい映像でたっぷりご紹介。さらに注目作の工房をキャスターが訪ね、創作の秘密も解き明かす。

【司会】小野正嗣,柴田祐規子