「幻の国宝 佐竹本三十六歌仙絵」

2019年12月29日

百年前、日本美術史を揺るがす大事件“絵巻切断”によって散り散りになった秘宝「佐竹本三十六歌仙絵」が今秋、京都国立博物館に集結する。国宝級ともいわれる魅力に迫る。

百年前、日本美術史を揺るがす大事件“絵巻切断”によって散り散りになった秘宝「佐竹本三十六歌仙絵」(さたけぼん・さんじゅうろっかせんえ)が今秋、京都国立博物館に過去最大規模で集結する。36人の名だたる歌人の肖像に、詠まれた和歌などが書き添えられた歌仙絵。完全な状態であれば、第一級の国宝だったとされるこの絵巻はなぜ切断されたのか?現代の文化人と最新科学が、歌仙絵の最高傑作に込められた魅力を解き明かす。

【ゲスト】東京大学大学院教授 国文学者…ロバート キャンベル,京都国立博物館 学芸部 研究員…井並林太郎,【司会】小野正嗣,柴田祐規子