未分類

日本人の心のふるさと、法隆寺。金堂には、飛鳥時代の珠玉の仏像とともに、世界に比類のない仏教壁画が伝えられてきた。明治、大正、昭和と真摯に仏の姿を模写し、壁画に向き合い続けた画家たち。記録事業の際、ひそかに貴重なカラー写真での撮影に挑戦 ...

未分類

NHKとオルセー美術館の国際共同制作により8K撮影した名画を、スタジオモニターで鑑賞。小林聡美さんと細田守さんが“日本で一番オルセー美術館に詳しいひとり”高階秀爾さんと一緒にマネ「草上の昼食」、ゴッホ「星降る夜」などおなじみの作品を高 ...

未分類

炎の画家ゴッホには、原色や激しい筆致とはちがうもう一つの顔があった。それは、花や草木をひたすら描くこと。地面に顔を埋めるように描く一本の草木に込めた祈りとは?ゴッホが描いた膨大な草木や花。たった一本の草木にゴッホは何を見たのか?知られ ...

未分類

光や空気の細密表現で西洋中に影響を与えた「ヘントの祭壇画」。制作当初に戻す修復の中、「神秘の子羊」が専門家も驚く顔に!直視するまなざしと聖書の教えの関係とは?

15世紀初頭ヤン・ファン・エイクの手で作られ、ナポレオンやヒト ...

未分類

ニューヨークの街角で、誰に見せるでもなく“日常にひそむ美”を撮り続けた写真家ソール・ライター(1923-2013)。今、若い世代を中心に共感を集める実像に迫る。

「私は無視されることに人生を費やした。それでいつも幸せだった ...

未分類

去年、台風19号で多くの美術品が被災した。収蔵庫が浸水した川崎市市民ミュージアム、文化財の救出に当たる長野市立博物館を取材。文化財レスキューの最前線を見つめる。

台風19号など未曽有の水害で、去年、各地で文化財が被災した。 ...

未分類

日本の美術教育を変えた版画家・山本鼎。100年前、手本を写すことが評価された時代に、子どもの自由な感性を尊重する児童自由画運動を興す。社会を動かした思いとは?

木版の彫り職人だった山本鼎。自分の感性を自由に表現したいと芸術 ...

未分類

絵画、彫刻、建築、絵本と分野を横断した活動を続ける造形作家・岡崎乾二郎。軽やかにして複雑な作品は見る者の常識に揺さぶりをかける。謎めいた岡崎の思索に迫る。

造形作家・岡崎乾二郎の芸術活動は多岐にわたる。「抽象の力」で平成3 ...

未分類

戦後の写真表現を切りひらいた奈良原一高。報道とは一線を画した独自の世界観で、写真を芸術に高めたとされる。日本を捨て、旅を続けた奈良原の魂の旅路。

戦後の写真表現を切りひらいた奈良原一高。報道とは一線を画した独自の世界観で、 ...

未分類

日本で最も有名な物語の一つ、忠臣蔵。歌舞伎や無声映画もまじえながら、広重、歌麿、国芳など人気絵師たちが描いた、多彩な忠臣蔵浮世絵を見ていく。

日本で最も有名な物語の一つ、忠臣蔵。元禄15年に47士が討入りした現実の赤穂事件 ...

未分類

気の遠くなるような細かさのペン画。長さ15メートルの絵巻。そして誰にもマネできない10冊の絵本。その男、“聖なる野蛮人!”。謎多き絵本作家・秋野亥左牟に迫る。

辺境を旅しながら、異国の伝承や民話を、繊細な筆と鮮やかな色彩で ...

未分類

隔離された壁の中で、絵に人生をかけた画家たちがいた。ハンセン病療養所の絵画クラブ「金陽会」。暗闇の中に生み落とされた“光の絵画”。その輝ける軌跡を見つめる。

隔離された壁の中で、絵に人生をかけた画家たちがいた。ハンセン病療 ...

未分類

百年前、日本美術史を揺るがす大事件“絵巻切断”によって散り散りになった秘宝「佐竹本三十六歌仙絵」が今秋、京都国立博物館に集結する。国宝級ともいわれる魅力に迫る。

百年前、日本美術史を揺るがす大事件“絵巻切断”によって散り散 ...

未分類

西洋化の波が押し寄せる中、日本伝統の木彫の新たな形を模索した平櫛田中。6代目尾上菊五郎と作り上げた代表作「鏡獅子」の制作秘話を通してその生き様(ざま)に迫る。

歌舞伎の6代目尾上菊五郎の姿をとどめた近代彫刻の最高峰「鏡獅子 ...

未分類

仏像や掛け軸などの文化財は、時代時代に修理が施されたおかげで、今日、目にすることができる。伝統の技と最新の科学を駆使した文化財修復の最前線に迫る。

仏像や掛け軸など、この国の文化財は、時代時代に修理が施されたおかげで、今日 ...