新日曜美術館

生涯を放浪と、仏像を彫り続けることに費やした江戸中期の修行僧・木喰
(もくじき)。無数の仏像を残し、93歳のとき旅先で消息を絶った。だ
が、新潟をはじめ全国各地に残されている素朴な仏像は、木喰の貧しい人
たちへ ...