「ゴッホ 草木への祈り」

2020年5月3日

炎の画家ゴッホには、原色や激しい筆致とはちがうもう一つの顔があった。それは、花や草木をひたすら描くこと。地面に顔を埋めるように描く一本の草木に込めた祈りとは?ゴッホが描いた膨大な草木や花。たった一本の草木にゴッホは何を見たのか?知られざるゴッホの真実に迫る。

現在来日中の「糸杉」。まっすぐ天に向かって伸びる姿にゴッホは何を見たのか?西洋では死の象徴とされる糸杉、しかしゴッホは生命の証として描いた。なぜか?何枚もの糸杉の絵の変遷から見えてきたゴッホの心の内側。浮かび上がる炎の画家の知られざる「祈り」とは?悲劇の裏に隠された自然に神への祈りを託した真実。

【ゲスト】美術史家…木下長宏,小野正嗣,柴田祐規子