日曜美術館

キリストの顔「聖顔」を生涯60点以上も描いた20世紀を代表する宗教画家ジョルジュ・ルオー。多くの人をひきつける、ルオーの絵の信仰的側面にスポットを当てる。

「聖顔」以外にも「道化師」、戦争の悲惨さを描いた銅版画「ミセレーレ ...

日曜美術館

今、じわじわとブーム到来の日本刀。刀のどこを見て、何を楽しめばよいか分からないという方、必見です!刀の「美しさ」鑑賞のポイントを、丁寧に紹介します。

美術の世界で最近話題の、刀剣ブーム。「かたち」、「地鉄(じがね)」、「刃 ...

日曜美術館

高さ3メートル以上の作品に挑む、現代日本を代表する画家の一人、遠藤彰子さん。彼女の創作現場に密着、多くの人を魅了する巨大な絵画にこめられた不思議な世界をひもとく

遠藤彰子さんは、自然に囲まれた暮らしの中から生まれた動物や植 ...

日曜美術館

5年前にある倉庫から偶然出てきた数百枚の木版画。明治生まれの絵師・小原古邨の作品だ。日本では無名だが、海外で人気を誇った。日本画のような写実表現と技に迫る。

透き通るような色彩。生き物が躍動するかのような写実的な描写。小原 ...

日曜美術館

「生きて流れよ」川の流れのように伝統を受け継ぎながらも一瞬もとどまることなく、新しいものを築けという日本伝統工芸展。今年も始まる展覧会の全16の受賞作を紹介。

第65回日本伝統工芸展。昭和29年に失われてきた伝統工芸の技術 ...

日曜美術館

独特の笑みを湛えた仏像を彫った江戸時代後期の僧侶、木喰。その木喰仏を世に広めた人物が、民芸運動の創始者、柳宗悦である。柳の眼を通して木喰仏の魅力を紹介する。

“微笑仏”と呼ばれる独特の笑みを湛(たた)え、素朴で温かみのある ...

日曜美術館

フランスに、画家藤田嗣治の肉声の遺言が埋もれていた。「狂乱の時代」のパリでピカソと並ぶ評価を得ながら、日本では厚いベールに覆われてきた天才画家の意外な素顔とは?

パリ郊外、藤田嗣治の自宅に残された録音テープを取材班が分析、 ...

日曜美術館

2000年に始まり、7回目を迎えた新潟県の大地の芸術祭。日本全国はもとより、海外からも大勢の人が押し寄せている。過疎の農村に何が起きたのか?20年の変化とは?

3年に一度開催される越後妻有アートトリエンナーレ。今年は世界各 ...

日曜美術館

昭和17年23歳の画学生が大作を描いて卒業、2年後に戦死。東京美術学校図案科の久保克彦である。彼が遺した7メートル超の大作「図案対象」は今何を語りかけてくるのか

東京芸術大学に一つの巨大な卒業作品が遺(のこ)されている。幅 ...

日曜美術館

みんなに愛されるいわさきちひろ。今夢中になってる小さい人も、大切な思い出になっている大人も、誰もが心の中にしまっている、愛にあふれた絵はどのように生まれたの?

みんなが知ってるいわさきちひろの作品は、画家になってだいぶたっ ...

日曜美術館

今年生誕110年を迎えた日本画家・田中一村。50歳のとき奄美大島の自然に魅せられて移り住み、その風土を鮮やかに描き出した。そんな田中一村の画業の足跡をたどる。

明治41年に生まれた田中一村は、彫刻家だった父親の手ほどきで絵 ...

日曜美術館

縄目の模様の縄文土器や人をかたどった土偶。そうした縄文時代の“美”が今、注目されている。縄文をテーマにした映画や本も出版され、国宝にも認められたその魅力を探る。

この夏、東京国立博物館には縄文時代の国宝6件すべてが集結する ...

日曜美術館

彫刻家にして、絵画や建築でも偉業を成し遂げたルネサンスの巨匠・ミケランジェロ。その芸術の真髄ともいえる彫刻に焦点を当て、ミケランジェロが追い求めたものを探る。

青年期のミケランジェロは、古代彫刻を手本としながら、解剖で得た ...

日曜美術館

今年6月復元工事が完成した名古屋城本丸御殿。復元工事の様子や障壁画の復元模写の作業を織り込み、400年前の姿がよみがえった本丸御殿の魅力をあますところなく紹介。

今から400年前の1615年に建てられた名古屋城本丸御殿。1 ...

日曜美術館

傑作という作品を基にその芸術家の魅力を熱く語り合う「傑作ダンギ」。今回は日曜画家としてスタートし、独自な画風で不思議な作品を描いたアンリ・ルソーに焦点を当てる。

19世紀末にパリの税関で働きながら独学で絵を描き始めたアンリ ...