av98ingram

未分類

「踊らばおどれ~一遍聖絵の旅~」

国宝・一遍聖絵は鎌倉時代の時宗の祖である僧侶・一遍の生涯を描いた絵巻。最先端の技法以外にも当時の人々の暮らしを知る貴重な資料となっている。作品の魅力をひもとく。 日本最古の絹本絵巻である聖絵は、裏からも彩色されることで肌の濃淡など細かな表...
未分類

「ギュスターヴ・モロー ファム・ファタル(魔性の女)に魅せられて」

19世紀末のパリで、冷酷さと官能的な美しさを持つ「ファム・ファタル(魔性の女)」を繰り返し描いたギュスターヴ・モロー。モローの描いた女たちの不思議な魅力を探る。 宙に浮かぶ生首と対峙するように見返す少女。19世紀フランスの画家ギュス...
未分類

「京都の大宇宙 東寺」

京都・五重塔で有名な東寺。1200年続く神秘の祈り!日本で生きる全ての人と関わる“秘儀”を8Kで初めて撮影。さらに空海×生命科学で見えてくる壮大な仏の宇宙とは? 空海が最後に行った壮大な“秘儀”が、明らかに!それは「後七日御修法(ご...
未分類

「凛として 写真家・大石芳野」

写真家・大石芳野さんのまなざしが向かうのは、戦禍にさらされた女性や子供たち。困難の中でも凛として前を向く姿に心打たれた。長崎の被爆者取材に同行し創作の秘密に迫る 「戦争は終わっても、終わらない」そう語る写真家・大石芳野さんは半世紀に...
未分類

「絵が語る僕のすべて~絵本作家・画家 スズキコージの世界~」

絵本作家で画家のスズキコージさん。その不思議な世界が人々をひきつけてきた。今回、野外のにぎやかな場所で巨大絵画をわずか3日で描く現場にも密着、創作の秘密に迫る。 若いときに絵本の世界に魅せられ以来50年間描き続けてきたスズキコージさ...
未分類

「“浮世の画家”を描く~カズオ・イシグロの小説に挑む現代作家~」

ノーベル賞作家のカズオ・イシグロの小説「浮世の画家」がNHKでドラマ化される。その劇中の絵画に現代の作家が挑んだ。カズオ・イシグロのインタビューを交えて伝える。 2017年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ。彼の2作目の著作...
未分類

「奇想の画家たち~江戸絵画に見る“前衛芸術”~」

身の毛もよだつ凄惨な構図。ありえないような人物描写。日本の絵画と思えないけばけばしい色彩。かつて異端とされたアバンギャルドな絵画はいかにして主流になったのか? 今や絶大な人気を誇る、伊藤若冲。しかし、戦後に「再評価」されるまでは忘れ...
未分類

「日本で出会える!印象派の傑作たち」

絵画に革命を起こした印象派の画家たち。彼らの作品は日本でも数多く見られる。アートをこよなく愛する3人の有名人が、日本にある印象派の殿堂を巡り、その魅力を味わう。 ひろしま美術館を訪れたのは、高校時代にモネの絵を見て印象派のファンにな...
未分類

「シリーズ北斎 めくるめく読本挿絵の世界」

北斎が仕事盛りに熱心に取り組んだのが伝奇ロマン「読本」の挿絵。馬琴(文章)と北斎(挿絵)の黄金コンビは大ヒット作を生み出す。大迫力の北斎の挿絵世界を紹介。 北斎が、仕事盛りの40代から50代にかけて熱心に取り組んだのが、伝奇ロマン「...
未分類

「シリーズ北斎 此道を改革せん~画業に人生をかけた絵師~」

世界で最も知られた日本の芸術家の一人、葛飾北斎。20歳で浮世絵師としてデビュー以来90歳まで生涯をかけて常に絵を改革し続けた。そんな作家の生きざまと実像に迫る。 東京・六本木で開かれている「新・北斎展」。展覧会の企画者、故永田生慈氏...
未分類

「絵画は社会を変える~反骨の画家・北川民次~」

反骨の画家・北川民次。メキシコを漂流し、子どもたちに影響を受けた独自の作風。目標は、絵画による社会変革。時事問題を描き、時代に抵抗した男がみた絵の可能性とは。 1920年代、革命後のメキシコを漂流した日本人画家・北川民次。抑圧された...
未分類

「熱烈!傑作ダンギ マティス」

その芸術家を心から愛するゲストが、魅力を読み解く「傑作ダンギ」。今回は今年生誕150年を迎える色彩の魔術師、アンリ・マティスについて3人のゲストが熱く語り合う。 鮮やかな色彩と伸びやかな線で愛される20世紀を代表する画家、アンリ・マ...
未分類

「まだ見ぬ頂を目指して~山岳写真家 田淵行男~」

日本の山岳写真を変えた男といわれる田淵行男。写真家としてのみならず、高山蝶の研究家としてもその才能を発揮します。山の神髄に迫りたいと願った男が見たものとは? 幼くして両親と死別した田淵は、その心の穴を埋めようとするかのように自然の美...
未分類

「心の磁石が北をさす~洋画家 相原求一朗~」

北海道を描く洋画家の第一人者と言われた相原求一朗。生誕100年を迎え、故郷の川越市美術館で展覧会が開かれている。なぜ故郷と無縁の北海道を描いたのか背景を探る。 大正7年、川越の商家の家に生まれた相原は、親の反対で美術学校に行くことを...
日曜美術館

「心の磁石が北をさす~洋画家 相原求一朗~」

北海道を描く洋画家の第一人者と言われた相原求一朗。生誕100年を迎え、故郷の川越市美術館で展覧会が開かれている。なぜ故郷と無縁の北海道を描いたのか背景を探る。 大正7年、川越の商家の家に生まれた相原は、親の反対で美術学校に行くことを...