未分類

絵画、彫刻、建築、絵本と分野を横断した活動を続ける造形作家・岡崎乾二郎。軽やかにして複雑な作品は見る者の常識に揺さぶりをかける。謎めいた岡崎の思索に迫る。

造形作家・岡崎乾二郎の芸術活動は多岐にわたる。「抽象の力」で平成3 ...

未分類

戦後の写真表現を切りひらいた奈良原一高。報道とは一線を画した独自の世界観で、写真を芸術に高めたとされる。日本を捨て、旅を続けた奈良原の魂の旅路。

戦後の写真表現を切りひらいた奈良原一高。報道とは一線を画した独自の世界観で、 ...

未分類

日本で最も有名な物語の一つ、忠臣蔵。歌舞伎や無声映画もまじえながら、広重、歌麿、国芳など人気絵師たちが描いた、多彩な忠臣蔵浮世絵を見ていく。

日本で最も有名な物語の一つ、忠臣蔵。元禄15年に47士が討入りした現実の赤穂事件 ...

未分類

気の遠くなるような細かさのペン画。長さ15メートルの絵巻。そして誰にもマネできない10冊の絵本。その男、“聖なる野蛮人!”。謎多き絵本作家・秋野亥左牟に迫る。

辺境を旅しながら、異国の伝承や民話を、繊細な筆と鮮やかな色彩で ...

未分類

隔離された壁の中で、絵に人生をかけた画家たちがいた。ハンセン病療養所の絵画クラブ「金陽会」。暗闇の中に生み落とされた“光の絵画”。その輝ける軌跡を見つめる。

隔離された壁の中で、絵に人生をかけた画家たちがいた。ハンセン病療 ...

未分類

百年前、日本美術史を揺るがす大事件“絵巻切断”によって散り散りになった秘宝「佐竹本三十六歌仙絵」が今秋、京都国立博物館に集結する。国宝級ともいわれる魅力に迫る。

百年前、日本美術史を揺るがす大事件“絵巻切断”によって散り散 ...

未分類

奈良・正倉院の貴重な宝物を年に一度公開する「正倉院展」。令和の幕開けを祝う今回は、とりわけ豪華な宝物が勢ぞろい。その魅力を女優・鶴田真由さんと共に味わい尽くす。

奈良・正倉院の貴重な宝物を年に一度公開する、「正倉院展」。令 ...

未分類

西洋化の波が押し寄せる中、日本伝統の木彫の新たな形を模索した平櫛田中。6代目尾上菊五郎と作り上げた代表作「鏡獅子」の制作秘話を通してその生き様(ざま)に迫る。

歌舞伎の6代目尾上菊五郎の姿をとどめた近代彫刻の最高峰「鏡獅子 ...

未分類

マネの「白鳥の歌」とされる最後の傑作「フォリー=ベルジェールのバー」よく見ると鏡に写った光景であり、しかもいくつもの矛盾に満ちている。なぜ?仕掛けられた謎を解く

マネが死の前年、梅毒に苦しみながら完成させた傑作がある。パリ ...

未分類

仏像や掛け軸などの文化財は、時代時代に修理が施されたおかげで、今日、目にすることができる。伝統の技と最新の科学を駆使した文化財修復の最前線に迫る。

仏像や掛け軸など、この国の文化財は、時代時代に修理が施されたおかげで、今日 ...

未分類

フランスの印象派に憧れた大正時代の画壇で、ひとりデューラー風の肖像画を描き続けた異端児がいた。岸田劉生。現代画家の会田誠さんが<意識高い系>画家・劉生を語る。

日本美術史上、最も有名な少女・麗子。岸田劉生が何度も描いた愛娘 ...

未分類

「日本伝統工芸展」は “伝統は生きて流れる”との指針のもと、時代の流れくんだ新しい作品を選び続けてきた。今年も揃った受賞作を美しい映像で紹介する。

戦後、消滅の危機にひんした工芸技術を保護・育成するために誕生した「日本伝統 ...

未分類

アニメーション映画は「思想を表すことができる」「ただのファンタジーではない」と信じ、リアリティーを追求し続けた高畑勲。その熱き信念をゆかりの人々が語る。

「アルプスの少女ハイジ」「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」。高畑勲 ...

未分類

軍から受け取りを拒まれたという異色の戦争画『国之楯』を中心に、知られざる従軍画家、小早川秋聲が残した数々の戦争画を近年新たに発掘された絵や文章を交えてたどる。

陸軍の依頼を受けて描かれたものの、軍から受け取りを拒まれたとい ...

未分類

秀吉ゆかりのお堂や三重の塔。横浜に古い名建築を集めた日本庭園がある。実業家・原三溪が自邸に作った三溪園。5000点に及ぶ古美術のコレクターでもあった男の物語。

横浜の邸宅に夢のような庭園の風景をつくりあげた原三溪。明治から ...