日曜美術館

絵画に革命を起こした印象派の画家たち。彼らの作品は日本でも数多く見られる。アートをこよなく愛する3人の有名人が、日本にある印象派の殿堂を巡り、その魅力を味わう。

ひろしま美術館を訪れたのは、高校時代にモネの絵を見て印象派の ...

日曜美術館

北斎が仕事盛りに熱心に取り組んだのが伝奇ロマン「読本」の挿絵。馬琴(文章)と北斎(挿絵)の黄金コンビは大ヒット作を生み出す。大迫力の北斎の挿絵世界を紹介。

北斎が、仕事盛りの40代から50代にかけて熱心に取り組んだのが、伝 ...

日曜美術館

世界で最も知られた日本の芸術家の一人、葛飾北斎。20歳で浮世絵師としてデビュー以来90歳まで生涯をかけて常に絵を改革し続けた。そんな作家の生きざまと実像に迫る。

東京・六本木で開かれている「新・北斎展」。展覧会の企画者、故 ...

日曜美術館

反骨の画家・北川民次。メキシコを漂流し、子どもたちに影響を受けた独自の作風。目標は、絵画による社会変革。時事問題を描き、時代に抵抗した男がみた絵の可能性とは。

1920年代、革命後のメキシコを漂流した日本人画家・北川民次。 ...

日曜美術館

その芸術家を心から愛するゲストが、魅力を読み解く「傑作ダンギ」。今回は今年生誕150年を迎える色彩の魔術師、アンリ・マティスについて3人のゲストが熱く語り合う。

鮮やかな色彩と伸びやかな線で愛される20世紀を代表する画家、 ...

日曜美術館

日本の山岳写真を変えた男といわれる田淵行男。写真家としてのみならず、高山蝶の研究家としてもその才能を発揮します。山の神髄に迫りたいと願った男が見たものとは?

幼くして両親と死別した田淵は、その心の穴を埋めようとするかのよう ...

日曜美術館

北海道を描く洋画家の第一人者と言われた相原求一朗。生誕100年を迎え、故郷の川越市美術館で展覧会が開かれている。なぜ故郷と無縁の北海道を描いたのか背景を探る。

大正7年、川越の商家の家に生まれた相原は、親の反対で美術学校に ...

日曜美術館

太宰治、坂口安吾、川端康成、谷崎潤一郎…日本を代表する作家たちの人物写真を撮り、素の姿を巧みに切り取った写真家・林忠彦。被写体に“決闘”を挑み続けた生涯に迫る。

今年生誕100年を迎えた林忠彦は、作家の懐に入り込み、数多く ...

日曜美術館

あの世界的な名画が来日した。ノルウェーの画家・ムンクの「叫び」。その誕生の背景とは?そして多く残されたムンクの自画像に込められた思いとは?その創作の秘密に迫る。

東京都美術館で開催されているムンク展。売りのひとつがムンクの ...

日曜美術館

日本各地のアートスポットを訪ねながら、地図を描くようにその土地に根ざす“美”を見つめ直す「にほん美の地図」。今回は熊本の3つの美術館を司会の小野正嗣が旅する。

熊本市にある島田美術館は剣豪・宮本武蔵のゆかりの品が味わえる美 ...

日曜美術館

戦争中、暗く静謐(ひつ)な風景画を描き続けた松本竣介。この程大川美術館の展覧会場にこしらえられたアトリエのモノを手掛かりに、松本の絵と人生を浮かび上がらせる。

戦争中、耳が聞こえないため徴兵を免れた松本竣介は、独特の雰囲気 ...

日曜美術館

史上最高!フェルメールの作品9点が来日。あの名画もこの名画も!“夢のフェルメール部屋”で謎と魅力に大接近。福岡伸一、平野啓一郎、篠原ともえ、イッセー尾形、ほか

みんな大好き!ようこそ“夢のフェルメール部屋”へ。この秋、東京 ...

日曜美術館

奈良の正倉院に納められた宝物の数々を年に一度だけ公開する「正倉院展」。大陸からもたらされた品やけんらん豪華な宝物を見たいと、20万人も訪れる展覧会の魅力に迫る。

秋の奈良の風物詩と言われ、70回の節目を迎える正倉院展。今年 ...

日曜美術館

キリストの顔「聖顔」を生涯60点以上も描いた20世紀を代表する宗教画家ジョルジュ・ルオー。多くの人をひきつける、ルオーの絵の信仰的側面にスポットを当てる。

「聖顔」以外にも「道化師」、戦争の悲惨さを描いた銅版画「ミセレーレ ...

日曜美術館

今、じわじわとブーム到来の日本刀。刀のどこを見て、何を楽しめばよいか分からないという方、必見です!刀の「美しさ」鑑賞のポイントを、丁寧に紹介します。

美術の世界で最近話題の、刀剣ブーム。「かたち」、「地鉄(じがね)」、「刃 ...