動画, 日曜美術館

経営学の父、ピーター・ドラッカー(1909-2005)は、長年にわたる日本美術の熱烈なファンでありコレクターだった。半世紀にわたって集めた日本美術コレクションは二百点あまり、その大部分が、室町時代の山水画や江戸時代の禅画、文人画などの ...

動画, 日曜美術館

20世紀を代表する画家フランシス・ベーコン(1909~2002)。ゆがんだ顔や、歯をむき出しにした口、ひしゃげた体など、絵の題材は一見“恐ろしい”。しかし、構図は巧みで、色彩は鮮やか、とても“美しい”。この不思議な絵が、文化や世代を超 ...

動画, 日曜美術館

19世紀末、奇々怪々な怪物や浮遊する大きな目玉を登場させ、黒い画面に空想の世界を描いた画家がいます。神秘と幻想の画家、フランスのオディロン・ルドン。
彼が本当に描こうとしたものは、ただの怪物ではなく、孤独と悲しみが生み出した目 ...

動画, 日曜美術館

江戸後期、武者絵で人気を集めた浮世絵師、歌川国芳。しかしその魅力は美人画や風景画、風刺画に戯画まで、なんでもござれの多彩さにある。
デビュー作となった水滸伝シリーズでは全身に細かな彫り物をものした豪傑たちを描き、江戸っ子の間に ...

動画, 日曜美術館

日本の美と心を求め、50代半ばから旅に生きた随筆家、白洲正子(1910-1998)。旅情豊かな紀行の中で見つけた仏像や土地々々で守られてきた古面、正子の愛した品々には、日本人の信仰と願いが込められている。そんな美との出会いには、正子が ...