未分類

秀吉ゆかりのお堂や三重の塔。横浜に古い名建築を集めた日本庭園がある。実業家・原三溪が自邸に作った三溪園。5000点に及ぶ古美術のコレクターでもあった男の物語。

横浜の邸宅に夢のような庭園の風景をつくりあげた原三溪。明治から ...

未分類

19世紀末のパリで、冷酷さと官能的な美しさを持つ「ファム・ファタル(魔性の女)」を繰り返し描いたギュスターヴ・モロー。モローの描いた女たちの不思議な魅力を探る。

宙に浮かぶ生首と対峙するように見返す少女。19世紀フランスの ...

未分類

応仁の乱、戦国の動乱と戦火が絶えなかった室町時代。だが近年、将軍たちが国の安定のため「美」の力をしたたかに利用していたことが注目されている。知られざる戦略とは?

室町幕府に最盛期をもたらした三代・義満の肖像画に奇妙な賛が残 ...

未分類

瀬戸内海の海辺に、素敵な夫婦が暮らしている。現代美術作家・高橋秀(89)と布はり絵作家・藤田桜(94)。老いてなお現役。二人のアートと人生の物語。

瀬戸内海の海辺に、素敵な夫婦が暮らしている。現代美術作家・高橋秀(89)と ...

未分類

地域のアートスポットを紹介するシリーズ・にほん美の地図。今回は岡山県。地元出身の落語家・春風亭昇吉さんが土地に関わりの深いアートを通じ、岡山の魅力を再発見する。

岡山県出身の落語家・春風亭昇吉さんがまず訪ねたのは、瀬戸内海 ...

未分類

モネ、ゴッホ、ルノワール。大正時代、3000点に及ぶコレクションを作った実業家・松方幸次郎。災害や戦争などで散逸してしまった名画たちの数奇な運命を見つめる。

モネ、ゴッホ、ルノワール。大正時代、名画の数々を収集し3000点 ...

日曜美術館

去年92歳で亡くなった絵本作家かこさとし。最期のロングインタビューが残されている。だるまちゃんとてんぐちゃん、そして未完の大作。子供たちへ伝えようとした“想い”

絵本作家かこさとし。代表作「だるまちゃんとてんぐちゃん」は、 ...

日曜美術館

今年生誕150年となる洋画家・岡田三郎助。着物姿の女性を洋画の手法で描き、独自の「美人画」を生み出した。女性のライフスタイルさえ変えたと言われるその画業に迫る。

今年生誕150年となる佐賀県出身の洋画家・岡田三郎助。5年間 ...

日曜美術館

自由奔放な絵を描き、22歳の若さで夭折した村山槐多。没後100年にあたる今年、展覧会開催を機に新発見の作品も相次いでいる。村山槐多の絵を詩の朗読とともに見ていく

自由奔放な絵を描き、22歳の若さで夭折(ようせつ)した村山槐 ...

日曜美術館

傑作といわれる作品をもとにその芸術家の魅力を熱く語り合う「傑作ダンギ」。今回は江戸の町に突如現れ、10か月で姿を消した謎の絵師・東洲斎写楽にスポットをあてる。

歌舞伎役者の似顔絵で江戸の町に旋風を巻き起こした浮世絵師 東洲 ...

日曜美術館

120年前のウィーンで人間のエロスを描き出したクリムト。一方で老いや死のモチーフにも臨んでいた。クリムトに影響を受けたシーレも含めウィーンの芸術の光と影を描く。

19世紀半ばからの都市改造で町並みが生まれ変わったウィーン。 ...

日曜美術館

地域のアートスポットを紹介するシリーズ・にほん美の地図。今回は山形県。文明開化を告げる建築や世界的な写真家の美術館、新たな陶芸の町を司会の小野正嗣さんが訪ねる。

山形市の郷土資料館の建物は明治11年に建てられた重要文化財の ...

日曜美術館

永遠に流れ落ちる滝や、無限に続く階段を上る僧侶など、ミステリアスなだまし絵で有名なエッシャー。それはただのトリックアートなのか?謎多き作家の全貌に迫ります。

学校では落第生。建築家になる夢も挫折。そんなエッシャーの前に現れ ...

日曜美術館

国宝・一遍聖絵は鎌倉時代の時宗の祖である僧侶・一遍の生涯を描いた絵巻。最先端の技法以外にも当時の人々の暮らしを知る貴重な資料となっている。作品の魅力をひもとく。

日本最古の絹本絵巻である聖絵は、裏からも彩色されることで肌の ...

日曜美術館

19世紀末のパリで、冷酷さと官能的な美しさを持つ「ファム・ファタル(魔性の女)」を繰り返し描いたギュスターヴ・モロー。モローの描いた女たちの不思議な魅力を探る。

宙に浮かぶ生首と対峙するように見返す少女。19世紀フランスの ...